『アラスカ 風のような物語』 星野道夫

なんでこんなに印象的な文章が書けるんでしょう。時々、一つの文章のなかの最後の一文がものすごく魅力的で、ふわっと来たり、ぐっと来たり、がつんと来 たりします。ひねくれた見方をすれば、「なんかあざとくてあれな文だな」ってなってしまいそうなのですが、不思議となりません。それは多分、星野さんが実 際にアラスカを何年も歩いた重みのようなものがあるからなんじゃないかと想像します。写真からもそういうものがイメージできます。
あくまでイメージであって、実際の星野さんが感じてる事とか、あるいはもし僕が実際にアラスカに行ったとしたらそのときに感じる事とは、また全然違うのでしょうが。

癒されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です