『チグリスとユーフラテス』 新井素子

話としては、とても面白い小説だった。
だが。
だが、やはり私には、この文体がちょっと気に入らなかった。いや、ちょっとなんてものではない。

私にはどうしても。
受け入れられなかったんだよう!

まあこういう文体でした。一人称の時の文体が気に入らなくでも、「これはキャラ作りだ」と思ってやりすごしつつ読んでいけるんですが、三人称っぽく書いて あるシーンでも使ってあると若干……。しかし自分でもなんで気に入らないのかよくわかんないんですけどね。単に慣れてないからかもしれませんしね。
でも物語の作り方としてはおもしろいなぁと思いました。下巻(レイディ・アカリを起こしてから)は、結構面白くなってきたので、後半は楽しく読めました。しかしルナちゃんっていうキャラはうまく作りましたねぇ。  逆ロリババア。