『白夜』 ドストエフスキー

これはすごい。うまい。さすがドストエフスキー。
序盤の主人公の妄想語りでまずずっぱ抜かれる。ドストエフスキー的な幻想描写というかなんというか、うまい。こいつの性格もまさにドストエフスキーが得意としてそうな感じ。「夢想家」のカテゴリか。「余計者」のカテゴリも好きだけど。やっぱり僕のドストエフスキーの好きな要素は幻想です。

そしてヒロインが「ピンでつながれる」という発想。

序盤から中盤にかけてがすごく気に入りました。そして終盤の破壊。やっぱりこう、ぐ、ぐ、ぐ、と積み上がったものをぶっ壊すのが気持ちいいんですよね。それはハッピーエンドではないのかもしれないけれど。フョードルさんこういうのも書いてたんすね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です