『貴族の巣』 ツルゲーネフ 

構成がしっかりしていて、無駄なものが無いのに、それでいて重厚。

また、この余計者(лишний человек)スタイルは、読んでいてとても面白いです。というか、余計者の主人公が、以後の日本文学に影響与えてるんだなぁってのがなんとなくわかります。ロシアは先を行っていたんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です