『文体練習』 レーモン・クノー

[amazonjs asin=”4255960291″ locale=”JP” title=”文体練習”]

1つの短い、特に面白みもない話を、99の文体で書く、というもの。

もはや訳者の作品だろ、という批判(?)もあるみたいだけど、まあ確かに。訳者の作品ですね。でも面白かったからとりあえず良い本だと思う。フランス語ができたら原文で読むのが良いんだけど、出来ないし出来るようになる予定もない。

いやぁ、すごく面白くて、笑えた。文体を考える上で参考になるのかな、と思って読んだけど、勉強するとか考えるというよりただ楽しんでしまった。それくらい良くできてる。偽古文、偽漢文、納税義務者あたりが気に入った。あと母音アだけでやる奴もすごい。だれかうまい人、純正日本語版つくってくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です