青ずきんちゃん

「こんにちは、おばあさん」




 いつも青いずきんをかぶっている青ずきんという女の子が、森の中のおばあさんの家を訪ねました。




「出かけているのかしら……?」




 ところが急に戸が開き、大きな大きな恐ろしい狼が出てきます。


「げへへ、ババアはまあまあだったが、若いムスメのデザートつき。こりゃあたまらん」


 なんということでしょう。青ずきんは驚いて転び、そこへ狼がどんどん迫ってきます。片目があらぬ方向を向き、口からはヨダレを垂らして。


「うひぃウマそうなムスメだあぁ」


 しかし、青ずきんは何とか落ち着きを取り戻し、きと結伽趺坐で座し瞑目します。すると頭にかぶった青い天鵞絨のずきんから鋭い光線があふれ出し、狼の目に直撃。たちまち狼は青ずきんの姿が見えなくなりました。


「小娘ァ! 何処に隠れおったあくわせふじこおぅぁあ!」


 青ずきんの美味なる少女芳香は未だ消えず、狼は気も狂わんばかりに辺りを探し走り回りますが、青ずきんの眼前を何度も通っているのに、見つけられません。




 一晩中走り続けて狼はへとへと。やがて暁鐘の鳴る頃、青ずきんは姿を現して、

「狼さん、私を食べないの」


「一晩中そこに」


「ええ、こうして座ってたわ」


 狼はつっぷしてわあっと泣き出し、

「ボクはダメな狼だ……人を喰うのが止められない……死んだ方が良い……」


「あら、それって健全なオトコノコなら普通の事じゃない? けど」


 すと立ち上がった少女の背丈の高きに狼は妙に感じ入って声も出ずに。


「人の肉を食べるのなんかよりもっと気持ち良いこと、してあげようか?」


 少し持ち上げられた口の端とふふんと見下す眉にごくりと。


「おねだりできたら、してあげる」




 ずきん。








 青ずきんは狼を平らかな石の上に座らせ、青染のずきんを脱いで被せてやり、歌います。


「川のおもてにお月様、松風のワルツ眺めて、終わらないこの長い夜、清らかな宵……」


「それ、なんだい」


「考えるのよ、この詩の意味を……わかったら、ステキなごほうびをあげる……」


 そうして青ずきんは行ってしまいました。








 森の人喰い狼の噂はいつしか忘れられます。


 けれど狼は今でも青いずきんをかぶって石の上。ごほうびに杖で打ってもらえるのをうずうずしながら待っています。時々、彼の呟く声を聞いたと言う動物もいるのです。


「……川のおもてにお月様、松風のワルツ眺めて、終わらないこの長い夜、清らかな宵……」






 青ずきんは、まだ戻ってきません。




* * *


 短編第87期投稿。


 元ネタ:雨月物語より青頭巾

夜を説く

 部屋に来てからすぐ、小夜は言いました。

「私作家になる」

 眠そうな青い瞳がきれいです。

「小説を書くの」

 既に二日という長い間、小夜は僕のアパートで暮らしています。明日を思うと恐ろしいですが、最近では考えないようにしています。未来のことを頭から追い出して、小夜に抱きしめてもらえば、僕も眠れるのです。それを覚えてから、逃げてばかりです。

 午前三時に大学で現代性交概論の講義を聞いていましたが、流星群が酷くなってきました。老教授が、もうやめにするから帰りなさいと言いました。生徒は僕一人。金平糖の降る中、歩いて家に帰ると、小夜はラップトップをひざにのせ、くちびるをキーボードに押しあてています。

「いくら打ちやすいからってそれ汚いよ」

 画面をのぞくと小説が天河のように広がっています。

「書いても書いても足りない」

 小夜は顔を上げず、またキーボードにキスの雨を降らせました。吸い寄せられるようなそのうなじから常習者特有のにおいがして、僕は驚きました。一方未完成の小説は、エクセルの画面で窮屈そうに身をくねらせています。その無数の瞳の一つと目があったような気がしてなりません。小夜の肩にかかる髪をなでました。

「邪魔しないで」

 小夜は眠りもせず書き続けました。自分のすべてを、小説で表現したいのだそうです。自分を表現しないために書く僕とは対照的で、皮肉ですね。僕はこうして文字を並べ、自分を守る壁を作ります。知られるのが怖いから。わかった顔をされたくないから。小夜は違います。自分が小説になろうとしているのです。読んでもらい、触れてもらおうとしているのです。僕は少し情けなくなりました。

 四日後部屋に戻ると、小夜は消えていました。床で、衣服とラップトップだけが月光浴をしています。砂か水くらい落ちていてもいいと思いましたが、残らず小説の文字になってしまったようです。

「書けたでしょう」

 確かに立派です。僕はジーンズや下着を脇に押しやって、Tシャツだけラップトップに着せてやりました。

「ちょっと変態っぽい」

 だって硬い筐体をそのまま抱きしめるのは気が引けたのです。ベッドにもぐりこみ、小説のふわふわした胸に顔をうずめ、その指先のぬくもりを感じながら目を閉じました。今なら少しは、僕にも良い小夜が書けるかもしれない。抱かれているとそう思えるのです。

 ああ。今夜は久しぶりに眠れそうです。あなたもそうじゃありませんか?


* * *


 短編第86期(2009年11月)投稿。