時空蕎麦

 もとはおつゆとめんは別。めんどくさくておつゆをぶっかけた。おつゆをぶっかけた!? まあそこは深追いしない。ぶっかけたらけっこういけた。てっとりばやい。江戸でブレイク。かけそばである。


「かけそばおまち」

 男は樹脂製の箸を一膳、箸立てから抜く。緋色の七味の瓶を器の上でふる。店内に鳴響するだしの香りの中、七味の風が微かに鼻腔をくすぐる。

 手を合わす。いただきます。無言の祈り。愛と豊穣への感謝。震える手で箸を構える。麺をひとつかみ。艶やかなおもてには小口に断たれた葱が付き従い、麺は細目。それこそ蕎麦の真髄であろう、饂飩のように太い蕎麦など、と男は思う。誇り高き香り高きつゆを潤沢に含んだそれを、彼は徐々に口元へと、運命の瞬間へと近づけていく。時間が止まる。


 私は確かに、男の唇が微かに歪むのを見た――。


 音をたて麺を一声にすする。男の口に芳醇なつゆの旨味が、腐海に落とされた聖女の涙のごとく広がる。が、それは蕎麦の甘味を殺しはしない。手を取り合いからみあって、そこに葱の抜けるような白烈の食感、立ち現れる七味の颯爽の香り、麺をかみしめ、頬がとろけて落ちダラダラと床に拡がり、つゆに甘く刺激され舌は半透明にふやけ、最早身体の輪郭も無く、蕎麦屋が神々しい霊光に満ち、響くのはただ歓喜の歌。


 男には後悔があった。彼の母親は若いうちから肺を患っていた。母親の大好物がかけそばであった。彼が中学校卒業を間近に控えたある雪の日。世界が幻惑的な白銀の寂静に満たされ、同時に幸せにも満ちたかに思えたあの日。街路の物音は皆降り積もった雪に吸いこまれ、隣を歩く母親の咳こむ声もいつもと違う響きであった、あの日。

 いかにも泣ける話風だが今のは私の勝手な妄想が挿入されただけだ。戯言を言う間にも男は芸術的作業を続けていた。すすり上げられる麺がうねりをあげ熱を帯び、男の体内で炎渦を描き昇華する。七味唐辛子が効験を顕し、額に玉汗が浮かぶ。意識まで、とうに晴明なだしつゆの快哉の叫びの中に霧消した。食を通じて男は生を確認する。刹那の生を、かみしめる。ただ、ひたすら。






 完食の歓びに幾度目かの絶頂を迎え、男は瞑目した。立ち上がると全身が軽い。胃が黄金の幸いで満たされ、身体に溜め込まれた憂鬱な瘴気が抜け、生の真実の一片がそこに残ったように感じられた。蕎麦屋の残骸から瓦礫の街へ駆け出す。笑みが浮かぶ。次の廃墟まで、走れる気がする。



 * * *


 短編第93期投稿。

『政治のリアリティと社会心理―平成小泉政治のダイナミックス』 池田謙一

タイトルだとはっきり言って何の本か分からないとおもうので出版社の宣伝をコピペすると、

本シリーズの基礎をなすJESⅢパネル調査は,九波に及ぶそれで,21世紀初頭,小泉政権期をほぼカヴァーし,1976年JABISS調査から数えても30年の歴史と継続性を有し,また国際比較の標準(NESやCSES2)調査項目とも一致するよう工夫している。  本シリーズは,これらの普遍性・歴史性を踏まえたうえで,JESⅢのデータを用い,小泉政権の固有性を明確にする。
本書は更に視野を拡げ,投票行動の背景をなす社会関係資本,私生活志向,インターネット利用,メディアのパワーなどの政治参加・社会参加をめぐる長期的な諸条件をより理論的に展望し,日本人の価値観の変容と連続性を様々な手法を用いて検証する。日本を代表する研究者による類例のない政治学研究 第一弾。

というもの。小泉政権の間に行われた四回の選挙について、五年間有権者を追いかけてパネル調査するという、大規模な調査の結果から分析をしてまとめたもの。アメリカの大統領選などと比べるとデータが少なかった日本において、このJESⅢというのはわりと画期的だったらしい。科研費がいっぱいついてやっと大規模にやれるようになったとか。

そして中身がすごい。よく一冊の本でこれだけ論じるな、という感じ。「小泉効果」をリアリティやスキーマ、マスメディアの観点から分析し、さらにソーシャルネットワーク、私生活志向を論じ、インターネットやマスコミに論は至る。もちろん議論は全て実証的であることが重視されている(まあ、JESⅢの結果からなんだから当たり前だけど)。また、先行研究の流れを一通り紹介してくれているので結構とっつきやすい。
どの章もそれぞれ面白かったけれど、特に印象に残ったのは、スキーマ分析のところの将来の展望。分析の結果から、「小泉首相の後継者が政党アクターを上回るインパクトを持たない場合、選挙における自民党の後退、はたまた野党の側に魅力が乏しかった場合には、深刻な政治に対する無関心や不信などを引き起こす可能性が高い」ことを予想しているんだけど、なんか、当たってるよね。小泉フィーバーの時代のデータから分析して、この本を出したのが07年1月の安倍政権の中頃。残念ながらその後、この予想はあたってしまった感がある。
あとはマスコミの強力効果論について。この辺は関連研究も知りたい。

とはいえ別に政治学に興味がそうあるわけではなく、実際のところ一番気にして読んだのは調査分析の手法。統計については別途知識を得る必要があるだろう。
横書きの本は読むスピードがなんか遅い気がして、重かったけど、面白かった。

『ABC<阿部和重初期作品集>』 阿部和重

表題作(?)の『ABC戦争』がともかく面白かった。もはやストーリーの中身なんてどうでも良くなるくらい語ることが重要な小説だった。

語ることを語っているのかとおもったら、突然ストーリーの相に入っていったり。焦点化ゼロと内的焦点化(のふりをした焦点化ゼロ!)が滑らかに接続される語り口は、癖になる。

『催眠術の日本近代』 一柳廣孝

なんて怪しげな本なんだ、と思って手にとって読んでみたら、とんでもなく予想を裏切る方向に面白かった。催眠術に主眼を置いた、日本近代の文化史。

西洋から催眠術が日本に入ってきたとき、それは動物電気だとかなんだとか言われ、近い時期に入ってきた科学技術と同じ扱いを受け、純然たる医学として用いられたわけで、それがやがて法律で取り締まられるようになったり、鴎外の「魔睡」のように文学作品に登場したり、というようなはなし。個人的に「魔睡」の辺りが特に読んでいて面白かった。あとは、手品をやっていると子供に「電気でしょ!!」とか言われる話。ナポレオンズかよ。一柳先生はこれを書きながらめちゃくちゃ楽しんでいるな、というのも伝わってきて、そこもまたそこで面白かった。なにやら一柳先生が大学でやっている心霊文学の授業は面白くて大人気らしい。

『卍』 谷崎潤一郎

やっぱり谷崎の音に対するこだわりは恐ろしいほどだと思う。
全編が関西弁で回想の形式で語られる。つまり地の文が関西弁。もちろん登場人物も皆関西弁で喋るから、途中何ヶ所かだけ入る注釈以外は全て関西弁ということになる。
内容としては同性愛を扱っている。ただ、そのテーマ設定自体はもうこの時代にはそこまで革命的ではなかっただろうし、別に描写が過激なわけでもない。でも最後の方なんか、本当に登場人物たちが皆追いつめられて狂ったようになってしまっていて、おそろしい。倒錯と狂気を描くのも谷崎は本当にうまいな、と思う。『痴人の愛』はもちろんだし、『秘密』の女装するところなんかすごく好きで……。そしてこの作品の場合、そこへ持っていくまでの語りがまた、関西弁でされているものだから、独特の情熱感を醸し出しているように思えた。

ところで僕は関西弁をそれなりな程度話せるので、この小説の再生も容易だった(それなりの精度で谷崎の想定したアクセントやイントネーションで読めている、はず)けれど、関西弁を話せない人が読んだ場合と感じ方の差はどれほどあるんでしょうか。そこが気になります。

『ロウきゅーぶ!』 蒼山サグ

ラノベっぽいものを書こうと思ったので、でもぶっちゃけ僕ラノベとかあんまり読まないわけですよ。実は。だからなんか最近のラノベを一冊くらい読もうと思って、いや、ち、違うんです! これを選んだのはたまたまで! その!

まあ、実際読んでみたらこれは際どいところを狙った作品とかじゃなくて、普通に正統派で王道のスポコンものでしたが。ラノベ観としては、「圧縮して書いたら十分の一で書けそうな単純なストーリーを、文庫本一冊に引き伸ばして書いている」という印象を受けました。逆に言えば、「いわゆる純文学だったらこの文字の量でもっと長い時間とか多くの出来事を語るだろう」ということです。それは読みやすさのためなのかもしれないし、続編をどんどん出していくためなのかもしれません(実際これ続編が出ているらしいです。読む気はあんまりないんだけど)。
ともかく薄めて読みやすくしている一方で、王道的な熱いシーンも盛り込んでいるので、そこが受けているのだろうかな、と思います。