『氷菓』 米澤穂信

 角川祭で買った。132円である。安い。常時これくらいの値段ならいいのに。
 アニメ化されて話題になっていたけれど見ていない。
 アニメ化してそれが深夜にやっていたということから作り出されてしまう対象年齢イメージとは違い、この作品を読む限りこれは順当にジュブナイルであるように思えた。なんか本当にジュブナイルが読んでいるとは限らなさそうなジュブナイルというか。しかしともかく安心感がある。変なところにはいかないだろうな、と落ち着いた気持ちで読むことができる。それは良いことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です