『パーフェクトフレンド』 野崎まど

 まあなんか雲行きが怪しいわけですよね。読み始めて。というか、普通、小学生を主人公にするのって難しいはずです。それもこういう作家だしね。そしてなんかすごいのが出てくる。名前が……もう明らかに怪しいでしょう。だから「それはありなのか?」みたいな感想が中心になってくる。いやそれはなしだろう。でもアリになってしまうのであった。明らかに演出されている、組み立てられている、というのがありありとわかる。何を言っているのかよくわからん。そういうことです。もうこれを読んだら次に行くしかないんだよね。完全に下準備だから。