リストにしろ

 べつにExcelじゃなくてもいいのですがなんかリストにするとよいということがそれなりにある。

 たとえばいわゆる持ち物リスト的なやつ、出張の持ち物リストとかエクセルで作って使ってるんだけど結構便利で、頭をつかう部分と手を動かす部分を切り分けられるから便利なんだと思う。パソコン(ときにはタブレット、スマホ)の上で何が必要か考えてこれ前回持ってったけど要らなかったからもう外しとこうとか今回はこれ要るから増やそうとか。そういうふうにして完成させたリストに対してあとは機械的にパッキングして、入れたものにどんどんチェックをつけていく。重要な事はこれから入れるものにチェックするのではなくて明らかに絶対確実にかばんなりスーツケースなりに入れ終わったものにだけチェックをいれることである。これから入れるとかいってチェックをつけてその後違う行動が割り込んで抜け落ちるということがよくある。そういう部分に関しては数分後の自分を信用してはならない。そうやって繰り返していくうちにリストが洗練され荷造りも慣れてくるのですぐに出発できるようになる。自分の記憶だよりとか考えながら荷造りするとかだと何か忘れてるような的不安に陥るけど、運用実績のあるリストにしたがってやってるんだからそこに何の不安もない。

 昔の頭のいい人達、すごく手帳とかに思考を記述している。ものすごく丁寧なノートをとっている人とか。精緻で美麗な文字の人もいれば、本人にも読めるか怪しいレベルの人もいるんだけど、おそらくよっぽど一部の人以外は脳みそ一つでは足りなかったのではないかと思う。それがここ数百年は紙とペンがブームだったんだろうけど(まだそのブームは続いているんだけど)。

 引っ越しのために自分の物理的な持ち物を全部リスト化してやろうかと考えている。

 そのことをやることリストに書き加え、statusにopenを入れる。