『パプリカ』 筒井康隆

 あーそうそうこういう感じこういう感じ、という感じだった。意味がわからん。

 アニメ映画の方を見てすごく面白かった記憶があるけれど、あれの原作を想像してかつそれを筒井康隆が書いているとするとどういう感じに書かれているのか、というイメージに対して実際書かれていたものがかなり近かった、ということが上の文の意味です。そうだよな筒井康隆が書いたら夢の解釈はそういう感じになるしとりあえずセックスさせとくしラストバトルの会場は別立てだよな、みたいな。

 よく見ると表紙がなんか怖い。