『雨の日のアイリス』 松山剛

ここにロボットの残骸がある。

 冒頭一行で勝ちを決めに来ていた。

 日本型ロボットSFの王道を走っている感じだと思った。単巻完結のこういう良い作品が世に増えて欲しい。ロボットそのものの技術的なところか意義とかを突き詰める方向性ではない。そのためある意味ではファンタジーに近い。構成も筆力も素晴らしく、読んでいて結構心に来る。つらいものがある。一章みたいな書き方と、その後みたいな書き方ができるの、攻撃力高くてすごいと思った。

 作者は似たような名前の作品を続けて二作電撃文庫から出していますが、シリーズとかではないようです。