『紫色のクオリア』 うえお久光

 もはやいつ誰にだったか忘れたのですがオススメされたのでいつか読もうと思っていたものをやっと機会があり読むことが出来ました。

 筋書きはいいと思ったのですが、ちょっと薄めの語りというか、説明?が合わなかったところがあり、期待したほどには楽しめませんでした。でも多分名作なんだと思います。1本目の後半みたいな芸をハイスパンで繰り出してくれたほうが好み……。2本目も十年くらい前に読んだらドはまりしていた感があります。