『終わりの花』 皆月蒼葉

 艦隊これくしょん二次創作。電子版が出たので。pdfですが、epubは無理そうな作りなのでしょうがない。一応kindleでも読めました。

 面白すぎて艦隊これくしょんのアカウント23個つくりました。感想を書くと大体ネタバレになりそうな話ですが、バレるべきネタを多分2割位しか自分はわかっていないだろうと思われます。けど2割位しか自分にはわかっていないだろうということが分かる程度に丁寧に書き込まれている。元ネタへのこだわりの偏執が読み取れる。良いですね。

 歴史は詳しくないのですが、一つだけぴんときたのはあの島の地勢とか料理とかです。じっさい明日葉の天ぷらはうまい。島寿司も。すごいなーと思ったらあとがきに行ったことないとか書いてあったので艦隊これくしょんのアカウント全部消した。

 仕掛け的にも超絶巨大陰謀とかいう感じでもなくむしろ小さくまとめていて(そもそも深海潜艦の正体とか陰謀とかいう二次創作にしておきながら国家世界の運命がかかってる規模になってないのバランス絶妙すぎませんか)、なんか無駄に死ぬわけでもなく、かといってヘラヘラしているわけでもなく、結局のところ私がやりたいのは歴史改変ですという感覚が伝わってきました。最終章の演出はさすがとしか。あの書体文体。歴史好きな人はもっと艦隊これくしょんのアカウントがたくさん作れる作品だと思います。