『ヴァンパイア・サマータイム』 石川博品

 青春恋愛系であとがきに書いてあるとおり吸血鬼が普通の存在なので別に吸血鬼要素をなにかうまく使っているわけではない。強いて言えば欲望されたいポルノとして使っている。ポルノってとてもいいですね。吸血欲求なら女の子に欲情してもらえてなおかつそれがしょうがないみたいになるからな。お話は平凡だと思ったけど、ギャグが好みっていうかなんか登場人物の漫才力が高かったと思うので、そこで楽しく読めた。