『ソラリス』 Stanisław Lem 沼野充義訳

 面白すぎる。最初はSFをメタ的に使いつつミステリっぽいことをするのかと思いそこでワクワクし、と思ったらロマンスに向かうのかと思ったらそんなこともなく、結局のところコンタクト問題をストイックに殴り続けていておうよく殴るなという感じ。しかしその、ミステリっぽいところやロマンスっぽいところなどの周辺要素が牽引力になって、読ませてくる。

 訳者解説によればレムが扱いたかった題材はまさにコンタクト問題であって、確かに問題を見出して提示しているそのさまは結局SFらしい小説だよなと思った。延々ソラリス学を語り続けるメタSFっぽいところを表に出しながらも、作品を通して続けられる問題提起のスタイルは本来のSFらしさだと思う。ところで2回の映画化はいずれもその主題から外れてしまい、レムからするとまったく気に入らなかったのだという話も解説で触れられていたが、映画化する側からしたら無理も無いというか、それはアレンジしないと映画としてエンターテイメントにはならんだろうと思う。見てないからどれくらい変えたのか知らないけれど。

 そんな映画化もされている作品だし名作に位置づけられるものなのだろうと思って、当然長らくavailableであったものだと思ったら、ポーランド語からの直訳が出たのはわりと最近だそうで、今年になってハヤカワ文庫に入ったと知って驚いた。

『ふたりの距離の概算』 米澤穂信

 いいタイトルだ。大日向氏つよすぎるでしょう。遠まわりする雛みたいなのを書いておいて次巻でこういうのを入れてしまう強さ……。プロ作家のプロ性というのは文章力とかそんなんではなくてこういうことをできるか否かではないのか。違うか。

 あとはタイトルとマラソンという学校行事の使い方のうまさで、安楽椅子どころか走らされている探偵(と表現するとじわじわくる)。でも、走ってるんだけど、事態を劇的に変えられるとは思っておらずむしろ無力感にずっと囚われている。そして実際、すべてハッピーエンドにならないところが持ち味なのでした。面白かった。

『遠まわりする雛』 米澤穂信

 あれーなんかすごい面白くなってるーという感覚。中高生な感じがすごい。青春っていうよりももっと濁っててきれいなんだけど。表題作。遠まわりする雛。うーむ。なんかしらんけど読むまで鳥の雛しか想像してなかった。違った。でも英語タイトル……。ともかく良さがあった。良さ。