『半分の月がのぼる空』 橋本紡

 むかし電撃文庫の原作を読んだもののリメイク版。文章や構成も書き換えているらしいがそこは違いが分かるほど原作の方をはっきり覚えていなかったので、主な相違は伊勢の人たちは伊勢弁で喋ること。べつに伊勢弁で喋っても全く違和感はなかった。というかこの小説のキモは原作四巻に相当する第四話の夏目吾郎の栄光と挫折であると思っているので、主人公が伊勢弁になろうがどうでもよかった(そうでもない)。正直夏目吾郎の栄光と挫折の裏でクソ茶番を繰り広げている屋上勢は哀れですらある(そんなことはない)。二周目として改めて読むと、途中の若干狂人方向に振れかけてる吾郎くん大分かわいいし夏目発狂破滅ルートもあったなという感じがする。ない。むかしは本編とかどうでもよくて夏目吾郎の栄光と挫折だけ書けやとか思ったけどこうして読み直すと本編でも吾郎くんが若干救済されているからよかったねという気持ちになった。