『東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる』 森橋ビンゴ

 前作

 面白かった。結構怖くないかとも思った。引き続き、恋人のことがわからないという話が延々描かれ、無口無表情何考えてるかわからないヒロインの心情が、しかし読者に対しては彼女の小説が挿入されるという方法で開示されるというポルノめいた(褒め言葉)構成でこの二巻も進む。けどなんか最後の方、言いようのない怖さというか、一歩間違えばこのヒロインは色々ヤバいのではないかという……。ぜひ一歩間違って欲しいと思ったけど良識的な小説なので間違わなかった。残念。