『秋期限定栗きんとん事件』 米澤穂信

 最高案件ですねー。常々感じていることですが、こういった小説がもっと書かれるべきなのではないでしょうか。今まで読んでなかったくせによく言うな。でも、1巻のタイトルが春期限定いちごタルト事件で、あらすじを読んだら小市民を目指す小鳩君と小佐内さんに振りかかる日常の謎みたいな感じだったら、なかなか僕みたいな需要層が手にとって読まないじゃないですか。その辺りに改善の余地があるのではと思わざるを得ません。

 環境は整ったのであとは最終巻で完結させるだけかと思うと大いに期待しています。と思ったけど最終巻がもう7年ほど出てないぞ。はやくして。

『夏期限定トロピカルパフェ事件』 米澤穂信

 これはわりと最高案件に近い感じがするので、次巻?完結編?が最高案件になることを祈るばかりであります。主人公が最後死んで欲しい(まだ言う)。今回は絶えず食べてるところとか、最後の方わたしたち痴話喧嘩もできないみたいなこと言ってそれも打算っぽいのとかが良かったと思います。ただ、最終的なトリックに関しては、確実に、かつ効率よく目的を遂げるためだったらもっといい方法あるんじゃないの?と思えてしまう部分もあります。そこは演出を施したかったのだと脳内補正すると最高案件度合いは上がるんですけど、多分そうではないんだよなぁ。なんにせよ次が気になります。

『春期限定いちごタルト事件』 米澤穂信

 面白かった。まだプロローグというかキャラ紹介だけど。こういう業のある主人公はクライマックスで死にそうというか死んで欲しい(非常に偏った見方)。一方で業のあるヒロインは勝利して欲しい。業が深いのはどっちだ。いちごだらけなの。今年も、絶対買うの。

『だれがコマドリを殺したのか?』 Eden Phillpotts 武藤崇恵訳

 どういう経緯でこの本を紹介されたか今となっては記憶がないのだが、何かでおすすめされたか何かで積読にしておき、いまさらながら読んだ。これまた記憶はないのだが、なぜか現代の小説だと思って読み始めたら、随分古かったので驚いた。1924年のミステリということで、なんというかルール整備前のルール違反はルール違反ならではのパワーを持ってこないというか、枠組みがあるから壊すのに醍醐味が生まれるというか、そういうのを感じた。やや退屈さを感じてしまったところがある。しかし時代性の前提を持って読めば、前半でしっかり各人の人物像を作り上げたことが最終版でいい効果をあげていて、よく出来た作品だなとも思った。

『さよなら妖精』 米澤穂信

 いいですねー。いいです。これは。

 確かにこれを古典部で架空の国でやると微妙というかちょっとダメだろうと言う気がしますし、更にこれをミステリ的にというか日常の謎的に見れば全然まったくダメな爆死案件だとおもいますが、そういうフィールドでそもそも読もうとしていなかったので、なんだか良かったです。長い短編小説っぽいな。というか、説明しようとして振り返ればダメな点ばかりの爆死小説に思えてきますが、なんか読んでる間楽しかったので、良かったと思います。感想のレベルが低すぎるぞこれ。