『さよなら妖精』 米澤穂信

 いいですねー。いいです。これは。

 確かにこれを古典部で架空の国でやると微妙というかちょっとダメだろうと言う気がしますし、更にこれをミステリ的にというか日常の謎的に見れば全然まったくダメな爆死案件だとおもいますが、そういうフィールドでそもそも読もうとしていなかったので、なんだか良かったです。長い短編小説っぽいな。というか、説明しようとして振り返ればダメな点ばかりの爆死小説に思えてきますが、なんか読んでる間楽しかったので、良かったと思います。感想のレベルが低すぎるぞこれ。