『りゅうおうのおしごと!』 白鳥士郎

 アニメ化まで2手スキと囁かれるので読んでおきました(もっと速いかも)。クオリティ高かったです。過去作品読んだことありませんが、作家の実力だと思います。なんというか、もともと将棋が好きな人がそのエネルギーだけで書いた作品、将棋ファンに読んで欲しいと思って書いた作品、という感じがしないですね、良い意味で。それよりも、プロ作家としてしっかりと取材をして書いている感じ、将棋の魅力を抽出翻訳して読者に伝えてやろうという意欲を感じました。

 といってもクオリティ高いというのは分野と文脈における話であって、将棋ペンクラブ大賞で手にとった硬派な将棋ファンの人が読んだらまずずっこけると思いますし(将棋ペンクラブ大賞大丈夫なの?)、ひふみんの推薦文ついてるけどほんまかいなという世界ではあります。でも賢い幼女が好きな人はいけます。賢い幼女最高。