『My Humanity』 長谷敏司

 あまり落ち着いて読めない感じの作品。そういう意味での技術的成功がなされていると思うけれども同じ理由によりもう一回読みたいかといったときにうーんとなってしまうのは仕方がないと思う。SFを使って人間をばらしていくのだから正しいSFなのだなと思った。好き嫌いが整理されていないので読んで快楽が来ないと好きな小説にならない。作風的には時間差で名作感が出て来るような予感もしつつ、読後の感覚としてはきびしい。