『ペンギンの憂鬱』 Андрей Курков  沼野恭子訳

 現代におけるペンギン3大小説といえば、ペンギン・ハイウェイペンギンを蒸す機械、そしてこのペンギンの憂鬱ですが、ペンギンの憂鬱だけ読んだことがなかったので読みました。

 とてもよいペンギン文学です。売れない小説家の主人公はペンギンと暮らしている。新聞社に頼まれてまだ死んでいない人間の追悼記事を書く。先の見えなさ、不安、無力感、なるようにしかならない人生、暖炉の暖かさ、ペンギンの憂鬱。

 おすすめです。