Momodora: Reverie Under the Moonlight

 邦題は「Momodora: 月下のレクイエム」。今年3月に配信されていて、その時に見た記事で気になっていたところを、先日のSteamのセールにて購入してプレイしたのですが、やはり面白かった。

 ドット絵風ゲームが好きな人には一押しです。日本だと洞窟物語とか、アレ系ですね(洞窟物語大好き勢)。いちいち細かい動きがよくできていて、主人公のカホが度々やる「私、司祭のカホです!」っぽい動き(主人公にセリフの表現はないのでセリフは妄想です)がめっちゃかわいい。こっちは黒猫の時事。あと免罪人フェネルの振り返り抜刀モーションがかっこよすぎてうおおおおおおってなってるうちに死ぬ。免罪人フェネルは倒すのにめっちゃ死んだな。結構アクションゲーとして難易度が高い。ノーマルでやったけどわりと骨があったと思う。操作感としてはキビキビ動いてくれて良いんだけど、例えば近距離攻撃は結構癖があって、三連撃した後に隙が生まれるのでそこをうまく考えてやらないと、HPは低すぎるのですぐ死ぬ。特にボス戦はいかに攻撃を躱すかが重要になってくる。回避を使いこなして一人前、というか、回避せずに殴ってゴリ押しでは絶対突破できないバランスになってるので、死んで覚えるタイプのゲーム。あとは音楽も非常に魅力的で、クリアしたのでやっとネタバレを警戒せずにいまサントラが聴けているところです。あとはローカライズでちゃんとドット絵風フォントにしてるの丁寧でよいなぁ。

 シリーズ4作目らしいんだけど普通にこれからやって楽しめました。色々深い設定やストーリーはあるようだが本編中の話だけでは正直よくわからんし(あえて多くを語らず、わからんようにしている)、あんま気にしなくて良いのかなと思います。

 いまみたらSteamの冬のセール?で30%オフだから急げ!! とりあえず買って積んでおこう!!