『筺底のエルピス2 -夏の終わり-』 オキシタケヒコ

 すき……。

 一巻のとき、ラノベノルマみたいなんいらんのじゃないとか、その隠しといたギミック、もう使っちゃってこの先大丈夫なの、みたいなのあったんですけど、なんかその辺超えてきましたね。めっちゃ良い。と言うかなんかキャラ増やすんだけどちゃんとケリをつける姿勢、これは信頼できる気がするんだよな。なんか一人、いや君一巻のときそんなキャラじゃなかったよね、みたいなのがいたが。これはハードルをあげてしまった二巻なので、最後まで走りきって欲しいなあと思います。

 妹が僕っ子異世界知性体の依代にされる系小説が好きな方は早く読んだほうが良いやつですね。