『紙の動物園』 Ken Liu 古沢嘉通訳

 いま話題のケン・リュウ。なんか拙作の感想で触れてくださる方がいたり(ありがたや)、別の場でいやでも読んでないんだけどって言ったら「読んでないんですか?」とまで言われたので、そこまでなら読むかと思って購入。

 結論としてすごく良い短編集でした。確かに、恒星間宇宙船(播種船)的な話とか、のじゃロリ狐娘を蒸す機械とか、自分の好きな要素が結構出てきましたが(語弊)、そういう要素とは関係なく良い読後感を与えてくれる小説が揃っているように思いました。読み進めるうちにじわじわ好きになった。

 好きだった作品は、結縄、太平洋横断海底トンネル小史、文字占い師、良い狩りを。