『星降り山荘の殺人』 倉知淳

 なんかすごいらしいという話を聞き、事前情報を入れずに読むべしということだったので事前情報を入れずに読みましたが面白かったです。というか基本的には面白かったはずなんですが、あまりにもツボにハマり過ぎて中盤で自分の中での期待レベルが上がりすぎ、最後の解決のところは「あれ、その程度?」となってしまったのが残念だった。しかしまあそれくらい楽しめた小説ではあり。ともかく各シーン冒頭に挿入されるやつが好きで、登場する度に「ww?w」ってなって楽しかったです。