『ねじまき少女』 Paolo Bacigalupi 田中一江 金子浩 訳

 最高のSF小説。読んでいて用語集が欲しくなるくらい分厚い設定をあんまり説明してくれないのだが、読んでいて用語集が欲しくなるくらい設定が積まれてるのすごくないか。用語集を掲載していないのが偉すぎる。これが素人だとすぐ用語集を公開するから良くない(?)。最高すぎてあまり語れる語彙が無いが、たとえばバンコクの暑苦しさみたいなのが強いとか(いや、この時代のバンコクが現在のバンコクと比べて同じくらいの暑さなのかもっと暑いのかは謎だが)、概ねアンダースンがひどい目にあう話であるところとか(主人公っぽいやつは痛めつけられるべきなんだ、やっぱり)、ジェイディーのトリックスターっぷりがすごいとか、エミコの一人称のところだいたい良すぎるとか、そんな感じです。本当に良かった。