『百壁ネロ完全体 黎明編』 百壁ネロ

 第二十六回文学フリマ東京にて入手。twitterで見かけてくっついていたサンプルで面白そうだと思ったので、という極めて軽い気持ちでブースを訪れたらなんか卒業式の会場みたいになってて、いただいた本もめちゃめちゃ分厚くて卒業文集かよと思って、家で開いたら一ページ目にいきなり校長先生のお言葉みたいなのが載ってて卒業文集かよと思った。結局この先生は誰なんだ……。

 計17作品収録というボリュームもあり今更読み終えて今更感想を書くわけですが、これがめちゃめちゃおもしろかったです。特に気に入ったのは「○ゴトジェノサイド×トリィムホラーショー」「ハッピーファッキン・ハチクロファッカー」「東京カタストロホテル九々九九式」の3本で、ちゃんと完結しているという意味では「ハッピーファッキン・ハチクロファッカー」が一番ですね。エモい。勢いがある。ざらめちゃんが可愛い。旅要素がある。以上全部好きですね。未完のやつに関しては、は、完全体なのになんで未完やねん面白いのに、と読んでる途中で思ってしまったけど最後の解説でなるほどねと思った。続きが読みてえ。やたら殺し屋が出てきたりあとキャラの名前の付け方とかに濃厚なこうあれを感じるんだけどそういうの含めて全集っていう形式、熱いなと思った。楽しかったです。完全体おめでとうございます。