『犬はどこだ』 米澤穂信

 犬を探す話かと思ったら犬を探す話ではなかった。なんか犬と会話できるとか特殊能力に恵まれた主人公なのかと思ったらそんなわけでもなかった。妹に恵まれてるだけだった。妹小説だった。妹はどこだ。

 別に米澤穂信に詳しいというわけでは全くないが(だからこそこんな初期作品いまごろ読んでるんだけど)、いかにも米澤穂信感が出ていて良かった。二つの調査のつなげ方も、主人公の鬱屈も、事件の結末も、タイトルもそんな感じ。救いがない。