ねじれ双角錐群『アンソロポエジー』@11/25 #文学フリマ 東京ア-16

 2018年11月25日(日)、第二十七回文学フリマ東京にて頒布される、ねじれ双角錐群『アンソロポエジー』に参加しています。

 ねじれ双角錐群は秋の東京文フリ参加三回目、これで三冊目の小説合同誌になります。三冊出せば一人前という話もありますので、メンバーそれぞれが概ね七分の一人前くらいにはなったのではないでしょうか。

 上記宣伝ツイートにも書いていますが、今回の企画はもとは「人類合同」というキーワードから着想し、「人類は既に滅んだ未来で」「何らかの方法で人類を観測している」「人類以外を語り手とする物語」というレギュレーションの合同誌となっています。人類のことを考える以上は、ジャンルはSFです。タイトルは人類学(アンソロポロジー)に抒情(ポエジー)を足しているわけですが、ポエジーがどこから来たのかは君の目で確かめてほしい。

 今回、僕は既に他の掲載作も読んでいるのですが、これだけ「人類以外」がバラけたのに、描こうとする人類は良くも悪くも結構通じているところがあり、業が深いぞ、人類、という気持ちです。コンタクトもの、ポストアポカリプス、SFが好きな人もそうでない人も、ぜひお立ち寄りください。

『ひとりっ子』 Greg Egan 山岸真 訳

 イーガンの履修が不足していたので。

 非常にSFだなと思った。なんというか、技術的理論的なアイデアがあって、それをひたすら核として話を書いている。SFと言いながら中心となるSF要素を魔法に差し替えても成立してしまうタイプのファンタジーに近接したSFみたいなのを読むことが多いので(というか自分はそういうのが結構好きなので)、こういうともかくSFですみたいなのを読むとSFだなと思う(?)。

『ルミナス』『オラクル』『ひとりっ子』の三作が面白かった。『ルミナス』は演出が良かった。中国なのも良い。『オラクル』『ひとりっ子』は美少女AIなので。美少女AIか?