『冬が嫌いな殺し屋の冬』 白樺あじと(シーラカンス・バカンス)

 第二十七回文学フリマ東京にて入手。

 冬に読むのに良い短編。最初目次を見たときに章タイトルで笑いました。いや笑うでしょ。で何故か一話二話みたいに切れている話かと思って最初読んだので、一話が終わった瞬間「え!?」となってしまいました。これで終わるの、と。でも一話ではなく一章であって、ちゃんと話は続き、もやもやはきっちり二章で回収されたので、さすがの実力と安定感と思って良かったです。主人公を殺し屋にしてミステリーということになると、どうしても雰囲気が暗くなったり、あるいは変に殺人が矮小化されたりすると思うのですが、まず空気を暗くしすぎない主人公のどこかとぼけた性格や、アクセントとしての刑部さんが好きでした。また、殺人という行為の重大性についても、子供の話を出して良心の呵責的な話を向けながらもラストの処理が鮮やかで、本膳のキャラと相まって良い読後感を得られました。