『鈴ヶ森ノスタルジー/探検部の花子さん』 雨下雫/小島宇良(C1講義室)

 第二十七回文学フリマ東京にて入手。文庫版両A面仕様。

『鈴ヶ森ノスタルジー』は、雨下さんの作品を何作か読んでいるともはや定番となった京急要素、無用者要素、そしてこの(なんて表現が良いのかわからん)ヒロイン像の揃った楽しい非日常小説。オンの設定とか、オカさんの風貌や騒がしさがちゃんと(?)回収されるところとか、ふわふわした雰囲気小説にならずにしっかりまとめていて気持ちいいなぁと思いながら読めました。楽しい読後感。

『探検部の花子さん』は、なんでしょう、幽霊青春モノ? プロローグにて感覚で百合を確信。ちょっと重い話もあり、そこはうっとなってしまうところもあるのですが、花子さんの存在がうまくそこを緩和する役割として働いており、最終的にこの花子さんの話が続きで読みたいぞ、という気持ちにさせられる。あとオニオオハシの巨泉が気になる。