『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』 西尾維新

 なぜ平成最後の年にこれを初めて読むことになっているのかよくわからないけど読みました。構成的には好きなやつで、まあ楽しいんだけど、流石に冗長なきらいはあり、まあ戯言だって言ってるから別に良いのか……? どうしても殺人事件とかの話になってしまうと、そういう冗長パートもあんまり明るいギャグにできないので、そのあたりが弱いのかなぁと思った。

『〔少女庭国〕』 矢部嵩

 思考実験っぽい小説。奇怪。密室バトルロワイヤルモノかと最初は思わせ、ループモノかと思わせ、しかし読み進めるにつれてそういう作品ではないことが感じられてくる。実験というか、観測というか。と思ったら最後の方エモくなるの好き。基本的にはクソ小説だと思うけど。怪作。

『波の手紙が響くとき』 オキシタケヒコ

 筐底のエルピスシリーズで今をときめく作家オキシタケヒコ先生の「音」をテーマにしたSF小説。4本の連作短編。4本合わせていい感じに長編というか、一冊に話がまとまっているような感じもしつつ、話の構成というかギミックは四者四様。「エコーの中でもう一度」、「亡霊と天使のビート」はなんだろう、優しい感じのSF。正当っぽく科学している。「サイレンの呪文」は打って変わってオカルティックな要素がぶちこまれミステリ風SF。これですごい好きになった。「波の手紙が響くとき」は表題作にして集大成。ここまでに積んだ伏線をきれいに使い、オチでの話の広がりにはそうきたかと思わさせられた。音響SFなどというジャンル、どうしたって狭くなりそうなところを、こう使ってくるか、という。また、全編に渡ってゆっくりと登場人物たちを深めていくやり方が誠実な感じがして好感を抱いた。オキシタケヒコ先生は一日三万字書いてください。

『改訂 雨月物語 現代語訳付き』 上田秋成 鵜月洋(訳注)

 改めて読み直し。昔読んだときは青頭巾が一番好きだったのですが、読み直すと他の話も面白いし、良さあり。結局のところ仏教、特に禅宗の俺TUEEE小説っぽいよね(??)

 ところで、現在、『雨月物語SF合同』という企画を立ち上げており、雨月物語の9編をSF的解釈で二次創作なりオマージュなりする小説を9人で書こうとしています。乞うご期待。

ねじれ双角錐群『廻廊』kindle版 配信開始

 2017年秋の文フリ東京にて頒布した、ねじれ双角錐群の『廻廊』、ついにkindle版が出ました。

19世紀末ヨーロッパで無名の画家によって描かれた絵画『望郷』にまつわる連作短編アンソロジー
– 作中に絵画『望郷』を登場させる縛り
– 絵画の使い方は自由
– 絵画の出自の縛りはなし
– 絵画は風景画という以外の指定なし

 上記の通りのレギュレーションの中で書かれた短編小説集となります。書籍版は参加作品6編でしたが、なんとkindle版は鴻上怜さんの二次創作?飛び入り?作品も加わり7編が収録されています。僕は、地球を懐かしみながら植民先を探して旅を続ける播種船の管理AI(美少女)が司祭助手に任命した船内生まれの女の子とお風呂に入る話を書いています。情報量! 他の作品の紹介はこちら。ぜひ読んでください!


既刊もあるぞ