『波の手紙が響くとき』 オキシタケヒコ

 筐底のエルピスシリーズで今をときめく作家オキシタケヒコ先生の「音」をテーマにしたSF小説。4本の連作短編。4本合わせていい感じに長編というか、一冊に話がまとまっているような感じもしつつ、話の構成というかギミックは四者四様。「エコーの中でもう一度」、「亡霊と天使のビート」はなんだろう、優しい感じのSF。正当っぽく科学している。「サイレンの呪文」は打って変わってオカルティックな要素がぶちこまれミステリ風SF。これですごい好きになった。「波の手紙が響くとき」は表題作にして集大成。ここまでに積んだ伏線をきれいに使い、オチでの話の広がりにはそうきたかと思わさせられた。音響SFなどというジャンル、どうしたって狭くなりそうなところを、こう使ってくるか、という。また、全編に渡ってゆっくりと登場人物たちを深めていくやり方が誠実な感じがして好感を抱いた。オキシタケヒコ先生は一日三万字書いてください。