『台車は虚空の死体を運ぶ』 雲鳴遊乃実

 第8回Text-Revolutionsにて入手

 宇宙で死体を台車で運ぶ話、という引きが強すぎて表紙の情報が入ってこないので、読み終わった後に表紙を見たら宇宙に台車があって笑ってしまうという構造になっていた(?)。対置される決して死なない男というのも組み合わせとして力があり、かつ死なない理由がしっかりと効いてくるのがよく決まっているなと思いました。あと教授のマッド感がバトル(?)時にいい感じのコミカルさを出しているのが好き。結末までよくまとまっていると思いました。