『葉桜の頃 桜葉の味』 堺屋皆人

 第8回Text-Revolutionsで入手

 和菓子をお題に書かれたミステリ調短編。安楽椅子探偵系日常の謎? ミステリ調と自称している通り、別に込み入ったトリックとか謎解きがあるわけではないのだけれど、ミステリの文脈を活かしつつ、丁寧な描写と会話劇で心地よく読ませる作品でした。続きがあるということで(同時に入手)楽しみです。