『空飛ぶ灰皿 熊の理由』 白樺あじと

 第8回Text-Revolutionsにて入手

 日常の謎2編。日常といいつつ事件そのものは割合シリアスなもの。ただ大学生たちが飲みながら推理するというところが日常っぽい感じになっている。白樺あじとさんの作品を何作か読んできましたがすべての作品がミステリとして正統で無駄な要素がなくかっちりしているので気持ちが良いです。同時に、こういう短めの話でトリックだけで終わりということもなくキャラの良さが端々に出てくるのも楽しい。チンピラの真似が上手い湯河原さんすき。