『偽幽霊と冬花火』 雨下雫

 第8回Text-Revolutionsにて入手

 表題作の短編の他、掌編2編を収録。表題作は熱海モノ。女性主人公はちょっと新鮮でした。斜に構えがちなので実はそっちが幽霊とかそういう展開なのかとちょっと思ったけど普通に良い話だった。普通に良い話じゃん……。あとカメラがただのエモアイテムじゃなくてちゃんと話を駆動しに来るのがしっかり光ってていいよなぁと思った。引き出しが多くてすごい。

『満ちては欠けて冬桜』の序盤の女の子みたいな系統のパワー好き。