『ひとひら怪談』 薄禍企画

 第二十八回文学フリマ東京にて入手

 見開き1ページの掌編怪談集。装丁/デザインもきれいで楽しい。目次に執筆陣と作品の対応が示されているが、ページ数しか書いてないので能動的に読まないとわからないし、本文ページからは作者名が排除されている趣向。意図的に作家性を見えにくくしているんだろうか。面白い試みだなと思った。気に入ったのは『検索してはいけない言葉「ハッピーエバーファーム」』、『歌う女』、『雪崩コタール』、『花嫁』、『やまくじら』、『なんか』。正統的な掌編怪談としては『歌う女』、『花嫁』の二作が特に好き。『雪崩コタール』の落ちも好き。