『ジャパニーズ・ライフ/羊の反逆』 戸田鳥

 掌編13編。比較的、不思議な話や怖い話が多め?

『真田医院』『羊の反逆』の2作が気に入った。『真田医院』は得体の知れない感じの怪談(?)で、兄弟ネタの天丼や医者と看護師のキャラでコミカルな感じを出しつつも怖さがしっかりと残るのがよかった。『羊の反逆』も同じく怪談寄りで、これは「世にも奇妙な」系のジャンルな気がする(言うほど世にも奇妙なを見てないが…)。怪談の型として、二段落ちというか、緊張→安心→最後にドーン、というのが定番だけど、うまく使われている。これが羊であるというのが、最後のオチの部分の気味悪さを強めているようにも思えた。