『凶鳥の如き忌むもの』 三津田信三

 刀城言耶シリーズの第2作。前作の『厭魅の如き憑くもの』がすごく面白かったので、そこの期待値からすると本作は若干もう一息ほしかった感はあるものの、絶対値で言うと十分良かった。伝奇・怪異的要素が挿話も含めて凄まじく、密室からの消失トリックも良かったと思う。が、『厭魅』のような圧倒的なラストの振れ幅を期待していると、そこまでは届かないという感じがあった。しかしこの次のシリーズ3作目の評判がえらく良いらしいのでそれに期待したい。