『北の海』 井上靖

 突然これを、しかも一応三部作の第三部であるのにいきなり読んだのには深いわけがあり、いや特に無いが、面白かった。別にこれから読んでも問題ないと思います。誰向けの情報? というか新聞小説なんて途中から読む人だってたくさんいたのだろうから(きっと)、どこから読んでもいいんだと思います。なにかすごいことが起こるわけではないのだが登場人物に魅力がある、なんて言ってしまうと逆にラノベみたいだが、そういうことはなく、ああこのタイプの小説久しぶりに読んだなというタイプの小説だった。手紙皿代わりにしろって言って「ずいぶん乱暴な話だった」とか「うおっでもいかんか」とか、地味におもしろいことを入れてくるのもずるい。結構笑えるところがあるんだよな……。