『HELLO WORLD』 野崎まど

 私は野崎まど先生をリスペクトしているので新刊を読みました。普通に面白く、普通に良かったです。この、アニメ映画向けに書きましたよ感すごい。こうポスト「君の名は」といえば聞こえが良いが要するに二匹目のドジョウ狙いが群雄割拠するアニメ映画界においてやることやってやりますよというやることやってやった感じがある。やってやりました。

 映画の原作と知って読んでいるから余計になのかもしれないが、構造が映画らしいフォーマットになっているし、映像化を意識した画作りも見て取れて、でもキャラクター像(特にこういうヒロインと、『先生』の概念というか師弟関係みたいなものへの脆弱性)は野崎まどだし、オチも大人しめだけど野崎まどなんだよな。大人しめだけど。正解するカドの反省(?)を踏まえているな(???)

 作者プロフィールのところに「独特の世界観と緻密な描写力」とか書いてあって、そうだっけ感でじわじわきてしまった。映画見に行くぞ。