『虚構推理 スリーピング・マーダー』 城平京

 虚構推理シリーズ、三冊目の小説。二冊目の 『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』 を読んだときに、面白いんだけど長編が読みたいなと感じたところがあったため、本作を読み始めたとき、これ短編集では、という疑念で一瞬残念な気持ちになったりしたのだが、最終的には長編的にまとめてきたので良かった。理外の存在が絡んだ事件に対して虚構を構築して真相が二転三転する構成の妙は相変わらずで、楽しい。峰打ちの下りとかメチャクチャなんだけど、この作風だと何をやっても許される感じになるのが強いな。