『鳥葬 -まだ人間じゃない-』 江波光則

 SNSの話をする小説、みたいな切り口で誰かにオススメされた気がする。確かにSNSの暗いところをぐっとえぐっている小説ではあったが、あまり好みではなかった。文章がちょっと、気取りすぎ感あって好みでなく、ストーリー暗いし(暗いことが悪いことではないはずだが)、キャラクターもあんまりピンと来なくて、ミステリー要素(いやミステリとして書かれたわけではまったくないと思うが、一応犯人当て要素として)も特に迫ってこなかった。