『けだものフレンズ』 文文文庫

 第五回文学フリマ金沢で頒布された「暴力」テーマアンソロジーの電子版

 作品数が多い! ので感想を一言ずつ。

 どういうペースで出しているサークルなのかちゃんと把握してるわけじゃないけど一人複数作書いてるの筆が早くてすごいな……。小説を書いて本を出すのは偉いことなんだよ。

『リジン』寒川ミサオ

 暴力をテーマに書いてくださいって言ったときにかなり素直にそれっぽい小説だなと思った。結局燃えるところが良かった。

『そこの底の怪獣たち』鳥原継接

 陰鬱な話のように見せかけて怪獣が破壊していくの笑えるというのが主人公の心情としてもそうだし(そうか?)、読者側もそういう読み方になるという構造になっていて楽しい。

『わたしの大好きなお父さん』空木賢一

 後半のスピード感が笑える。オチがちゃんと構造的に良くできていて暴力というお題もしっかりメインに据えてうまいことまとめた感があって、その流れでなんか吠えるのがまた笑える。吠えるなよ。

『リバーシブル・ランドスケープ』寒川ミサオ

 人はなぜ葬式で帰省する小説を書いてしまうのだろうと思ったが、思わぬ方向に進んでいって良かった。序盤の話の内容にあんまり意味がなさそうな描写とか、あんまり好きじゃないんだけど、こういうふうに方向転換すると意味が出てきてすごく好きになる。ぱいーんじゃないんだよ。

『アイドルばかり聴かせないで』鳥原継接

 SFっぽくて面白い。好き。実験装置に対する考察とハックだから? アイドルというお題の料理の仕方はこれが一番好き。

『アイドルの夢跡』空木賢一

 序盤と中盤と終盤でそれぞれやりたいことが違いすぎる気が。序盤の感じは好きだったんだけどその後にうまくついていけなかった。

『サナブリされるキラー・ジム』寒川ミサオ

 mobiとPDFでタイトルが違う……? 完全にこっち側の問題で偏見に近いんだけど殺し屋が出てくる小説があまり好きではない。

『アンダーの彼方へ』鳥原継接

 めっちゃ気持ち悪い。雰囲気的には昔のネットロア的というか、最悪だけど惹かれる良さがあってすごく好き。こういう作品に行き逢うと嬉しくなってしまう。

『ワンボックス・バイオレンス』空木賢一

 いろんな話書いておいて結局ハイエースオチかよというブラックジョーク?

『優しさに包まれて』もきね

 いきなり横書きになって面食らうのがちょっと面白かった。へんないきものシリーズ的なちょっとしたネタでニヤニヤさせてくれる系。

『ブラックベルトの遠心』寒川ミサオ

 先が気になって読みすすめる内容になっているし、設定のアイデアが良かった。先輩の人格が変わってる状態で同行してるのがいい味になっている。伏線とかもちゃんとやっていて楽しかった。最後は結局どうなったのか書いてほしかった気もする。

『トイズ』鳥原継接

 熱高いときに見る夢?

『世界樹は暗き旋律のほとりに』 藤あさや

 第二十三回文学フリマ東京にて発表された長編SF小説のKindle版。1/3午後5時頃まで無料配信キャンペーン中だそうです!

 ガチSFです。自分がよくSFを僭称して書いてるやつのことが思いやられてやべえなという気持ちになる。地球と宇宙を結ぶ楕円軌道リングが『世界樹』として存在するパラレル世界を舞台に、メアリー・アニングやニュートンが登場してSFをやっていく話。もちろんそういう話だからヴェルヌ要素もちゃんとある。正直ケプラーの方程式とかいやもう忘れたわというか勉強したときも理解できたかどうか怪しいわという読者としては、理屈が書いてあるパートはあんまり読めてないんだけど、でも技術的・歴史的な考証が丁寧になされているのはしっかりと伝わってきて、好感。三部構成になっており、それぞれ主人公が異なり、時間的にも離れた時期を書いていることもあって、群像劇とまでは言わないんだけど、(特定の人物の冒険活劇を掘り下げるのではなく)『世界樹』というシステムそのものを冷静な視点で書いていて、これもハードSFらしい取り組み方なのかなと思った。SFなんていう言葉の定義は滅茶苦茶に広いし、広くていいと自分は思っているんだけど、その前提の上で、こういうSFを書いている人が文フリとかKDPで作品を発表してるのって面白いし世界が広くて良いよなと思います。三部の中では真ん中の『アナレンマの黄金樹』が一番好き。