#エア文フリ東京 はじめました

 5月に開催予定だった第三十回文学フリマ東京の中止がアナウンスされました。現在の状況を考慮すると妥当な判断であり、検討中の段階からタイムリーかつ明確に情報を公開し、このタイミングでの中止判断を行った事務局には改めて感謝するとともに、労いの気持ちを込めて……エア文フリをします。誰よりも早く。

 というわけで、女子大生百合/狐×狼/都市伝説伝奇ミステリ何でもあり長編小説『ドッペルゲンガー百合 12人狐あり・通暁知悉の村』書籍版の通販を開始しました。ジャンルが長過ぎる。まあ概ねジャンル名の通りで、主要登場人物は都内某大学の文化人類学系の学生で、その一人である主人公の神谷内香織はある日自分のドッペルゲンガーを目撃。ちょうどその日の自主ゼミに持ち込まれた資料は、人間そっくりに化けて悪さをする半妖狐の伝承と、その伝承がいつの間にか都市伝説化している現象の考察だった。という話ですがそれの何が百合で狐×狼なのかは書いてたら僕自身もよくわからなくなってきたので読んでみてください。サンプルを読んでみたいなって人は、サンプルどころか本編が小説家になろうで読めます。それなのにこのクソ分厚くてかさばる本をわざわざ通販で買って印刷会社と運送会社と笹を応援してやろうという人だけが買ってください。

 今回の書籍版は、文フリで売る本複数あったら楽しそうだしなんか刷ろうと思って、既に完結済みの作品を手直し&書き下ろしの短編1編を加えたものなので、かなり事前に刷り上がっていました。こんな形で効果が出るとは思っていなかったし望んでいませんでしたが……。

 なお、文学フリマ東京参加の本命だったリフロー型電子書籍化不可能小説合同誌『紙魚はまだ死なない』についても、予定通りのスケジュールで制作し、通販を実施する予定です。ご期待ください!