『怪獣をつかう者』 森とーま

ゾンビつかいの弟子』の続編。BOOTHにて購入(通販休止中)。作品自体は小説家になろうnote等で読める。

 青春小説的な向きは変わらずで、神白と伊東のコンビを中心に、前作と違って神白側に焦点化して展開していくんだけど、前作のような社会の危機という大きな構造ではなくて(それなりに危ない話はでてくるんだけど)もっと身近な、二人の人間を描いている作品だった。『ゾンビつかい』の主人公だった時から比べると伊東君がちょっとやばいやつみたいにも見えてくるんだけど(?)、それってつまりそういうことで、伊東からみたときに神白がああ見えていて、神白からみたときに伊東がこう見えているという、人物像と心情の対照がすごく良い。そうはいってもダラダラと心理描写だけやるような小説では全然なく、タイトルの通り『怪獣』という謎を設定して、推理ありアクションあり、動きの多い(移動距離も長いぞ)展開で、『ゾンビつかい』の事件の残滓もしっかりあり、とても面白かった。『ゾンビつかいの弟子』で十分楽しませていただいたベースがあるので安心感を持って読めたのも大きいかもしれない。