『ハサミ男』 殊能将之

 ネタバレ注意。

 叙述トリック系の古典(?)ということだけ聞いていた状態で買って積んであったのを忘れた頃に読み出したので、叙述トリック系だということを忘れて途中まで読んでたので、良い感じに取り組めて良かった。ここまで読んじゃった未読の人は忘れるまで積んでから読んでください。

 まあ違和感が確かにあったし、メインのトリックに関しては割とフェアだしよく出来てるんじゃないかなと思います。さすが古典化しているだけあった。ライターみたいな豪快さは嫌いじゃないのであれも全然オッケーです。しかし真犯人の動きにちょっと無理ないですかね。まあそんなもんか。最後のオチがめっちゃ好き。